岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

今回の広島の旅では、ツアーコンダクターを引き受けてくれたKさんが気を配ってくれたので、効率よくいろいろなお店を回ることができました。

SANYO DIGITAL CAMERAKさんが「ぜひみんなに食べてもらいたい」と言っていた穴子めし。
JR宮島口駅前のお店で食べました。
あっさりしていて上品な味。魚臭さが気になりません。
どんぶりですが、あっという間にお腹の中に入ってしまいました。
もう一杯いけるかも…ああ、恐ろしい!(笑)

 
鹿厳島へ行くと、あちらにもこちらにも鹿、鹿、鹿!
奈良にも鹿はいますが、あちらは公園内。こちらは、厳島神社だけでなく町の中に普通に鹿がいます。さすがにアーケードの商店街にはいませんが。
住宅街の用水路にいたのには驚きました。観光客のバッグを狙うというご愛敬はあるものの、奈良公園の鹿より上品な気がしたのは私の思い込み?

 
商店街にあった巨大なしゃもじ。
「全部カメラに入らない!」という声が観光客から出ていました。
私もなんとか撮影。

 

 
おじぞうさま 
お地蔵さまが並んだお店を見つけました。心に響くことばを胸に抱いていらっしゃいます。
「いいなあ」とお店に入り、Tシャツを買いました。胸に笑顔!いいでしょう。

 SANYO DIGITAL CAMERA
船着き場から厳島神社、商店街は観光客であふれにぎやかですが、一歩住宅街に足を踏み入れると、そこは別世界。静かで落ち着いたたたずまいに、思わずこちらも声をひそめてしまうほどです。
友人が「音が吸い込まれていくみたい」と言うのに同感。

そんな閑静な住宅街で見つけたのがここ。
お茶と趣味の小物の店「瑞楽」です。

広島県廿日市市宮島町滝町240
TEL 0829(44)2654
0PEN:金土日曜日・毎月1日

前日にオープンしたばかりだというこのお店は、レトロでモダンな不思議な雰囲気。お茶(煎茶・抹茶)もお菓子も奥さまこだわりの一級品が出てきます。

 

 
その奥さまが西陣織を手縫いした小物が、アンティークな庄内箪笥の上に飾られていました。あんまりすてきなのでお土産にあれやこれやと買い占めました。(笑)

 

 
本当はもっと山の方に行く予定が、友人の足が痛み出したために住宅街でお茶を飲もうとたまたま見つけたこのお店。
「ご縁ですねえ」とおっしゃる奥さま(右側)から、厳島にまつわるお話をいろいろと伺えて私たちも“縁”を実感したひとときでした。
今度はお茶好きな夫と行きたいなあ。

 

半日コースの厳島は、まだまだ見残したところがいっぱいです。
ぜひもう一度、ゆっくりと時間をかけて訪れたいと思いました。
Kさん、本当にありがとう!