岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

家族で私の実家のお墓参りに行って来た。

712お墓は岡山県備前市にある閑谷学校のすぐ近くの山の中にある。

昔はこの山が実家の持ち物だったという噂(笑)があるが、今はこの墓地だけ。
なかなか行けない私の代わりに、従姉夫妻が何かと助けてくれているのでいつもありがたいなーと思ってる。
今回も、きれいに草が刈られ、さっぱりとしていた。

 
714それにしても、お天気がよく暖かくて気持ちがいいこと!
ここに来るたびに、気持ちが晴れ晴れとする。

私の父は長男だったが、私の他に子どもがおらず、その私も嫁いだため跡をとる人間がいない。
そのために、仏壇とお墓は私が世話をしている。

 

 

713父は明治41年に、当時は日本領だった台湾で生まれた。警察官だった祖父が赴任していたからである。

小学校2年生の時に内地に帰って来て、旧制閑谷中学を出て神戸の鉄道学校へ行くまでをこの地で過ごした。

生前、父と墓参りに来た時に、少しだが当時のエピソードを聞いたことがある。

 

715帰ってしばらくは言葉遣いがおかしいため、同級生にからかわれたこと。蜂の巣を見つけ、蜂の子を採って食べたら同級生が驚き、それ以来からかわれなくなったこと。
2歳年下の弟が学校でうんちをもらしてしまい、パンツをつまみながら連れて帰ったこと。
この風景もずいぶん変わってしまったことだろうが、それでもまだ当時の面影を残しているところが残っているのだろうか。
父が亡くなって21年。もうそれを訊くことはできない。

先日、父の妹が亡くなり、これで父の兄弟は全員いなくなった。
今頃はあちらで祖父母も一緒に楽しくやってるかもしれないなあ。
のどかな風景の中で穏やかな風に吹かれながら、なんだか少しほっとした気持ちになった。