岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

先日、舞鶴の長男のところへ行った帰りに京都に寄りました。
学生時代の友人と久しぶりに会うためです。
私は京都の短大に進学しました。1年生の終わりに結婚して中退しましたが、当時仲がよかったグループのメンバーとは細々とつながりを持ってきました。

907小豆島出身でみんなから「オリーブ」と呼ばれているその友人とは、お互いが東京に住んでいた頃以来ですから、なんと28年ぶりです。

当時と比べると、彼女は+12㎏、私は+10㎏の体重増。ショートカットを明るい色に染めゆるくパーマをかけていた彼女は、腰まであるストレートヘアに変身していました。
ずっとコンタクトレンズを使っていた私は眼鏡に。

にもかかわらず、お互いに一目でそれとわかったのが不思議かつ感激!でした。

オリーブはご主人と学生時代からの付き合いで、かたや私は学生結婚。
お互いの伴侶の若い頃をよく知っています。
家族で撮った写真を見せると「まさおちゃん(夫のこと)変わってないね」と、夫が聞いたら大喜びしそうなコメント。
オリーブ、お気遣いありがとうね。(笑)

お互いに若い頃は知らなかった面を再発見したり、趣味や嗜好が似通っていることに今さらながら気付いたり。
「ちょっとランチでも」と思っていたのに、次から次へと話がはずみ、気がつくと午後7時をまわっていました。
(岡山へ帰れなくなっちゃう!)

家に帰ってからも、話の続きをメールでしました。
こんなに楽しいんですもの。今年こそ、短大時代の5人が京都で集う「京都思い出ツアー」を実現しなければ。

人との繋がりを大切にしていてよかったと思います。