岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

先週の土日と大阪に行ってきました。
交流分析士2級の試験を受けるためでしたが、それ以外にも大事な目的がありました。
友人であるTさんのセミナーを受けることです。

45 46

Tさんは、NPO法人日本話しことば協会主催の講師養成講座で知り合った友人のひとりです。
講師歴15年のベテランで、ITの専門家でもあります。そのTさんの講義をぜひ一度受けてみたいと思っていたところ、快く引き受けてくださったので今回実現の運びとなりました。

土曜日は朝9時から交流分析の講義があったので、7時5分発ののぞみで大阪へ。午後5時まで講義を受けて、5時半に会場入りし、お弁当を食べつつ9時過ぎまで今度はTさんの講義です。

講義の内容は「講師養成講座~超・超・短縮版~」。本来は3日間で行うものだそうですが、今回特別に短縮バージョンでやってくださいました。
予想に違わずすばらしい内容で、参加者一同大満足。あ、参加メンバー10名は話しことば協会がらみの仲間たちで、ほとんどが講師です。協会の理事長、副理事長も参加してくださっていたので、Tさん、緊張してましたっけ。
写真の女性は高知のTさん。くじで当たって、いきなり5分間の講義をすることになったのですが、みごとなものでした、ハイ。

講義の後は近くのロイヤル・ホストに繰り出して、またまた熱く語り合う私たち。いつものパターンです。
最後は4人になり、午前0時をまわるまでTさんから講義の続きを受けました。真夜中のファミレスでノートPCを囲み、紙ナプキンにあれこれと書き込みながら熱く語り合うおじさんとおばさん。不気味だったろうなー

当然ながら、日曜日の試験では、寝不足と疲労で頭が真っ白!何を書いたかもよく覚えていません。
ひたすら勉強漬けの2日間でした。はぁ~。