岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

8月4・5日に、県外から友人たちが岡山にやって来ました。一緒にセミナーに参加するためです。
高知からはTさんが自社のスタッフと一緒に、広島からはKさん。1泊したので、夜は我が家行きつけの「こっく」で料理に舌鼓を打ちました。街はちょうど「うらじゃ踊り」の真っ最中。時間の関係で観光はできませんでしたが、「うらじゃメーク」の連を見てもらえてよかったかな。

070729_1759~02TさんもKさんも女性で、講師をしています。日本話しことば協会主催の第1回講師養成講座で知り合いました。その時の仲間数人(講師以外の職業の人もいます)でMLを立ち上げ、今でも年に一度は顔を合わせて刺激し合う、素晴らしい友人となりました。交流分析もこの仲間たちと学んでいます。

知り合った時、Tさんはすでに高知でもトップクラスの講師でした。特に医療・福祉分野で非常に高い評価を得ています。私もかつて彼女のセミナーを受けたことがありますが、わかりやすくて説得力がありました。医師の妻で2児の母。精力的に仕事や社会活動に取り組んでいます。今年の春から入社したスタッフを育成することが楽しみだとか。

Kさんは以前TVのお仕事をしていました。現在は話しことばの講師をしていて、専門学校で教えたり、話しことばのセミナーを開いたりしています。これからはいろんな勉強をして、仕事の幅を広げていきたいと言っています。明るくて女らしい、気配りのできるとてもすてきな女性です。

研修講師は、フライトアテンダント(昔はスチュワーデスと言いました)やアナウンサー、大手企業で社員教育を担当していたというような経歴の人が多いようです。その点、Tさんは独身時代にNHK高知局のキャスターをしていましたがその後は10年以上専業主婦でしたし、Kさんも会社を辞め一から勉強してのスタートでした。私に至っては、飛行機もブラウン管も縁がなし。(笑)
しかし、3人ともそれぞれ自分の持ち味を生かし、自分にしかできない仕事をしていこうという点は共通しています。

070729_1800~01もともと講師の仕事というのは、本来はどこかの機関で系統立てて学ぶというものではなく、自分自身の経験と努力を積み重ねていくものだと思います。(最近は養成講座もたくさんありますが)

自ら学び取っていかないと、じっとしていては何も得ることができません。いつもアンテナを立て、周囲の情報に敏感に反応することが要求されます。したがって、講師同士は興味の対象が似ていますし、情報交換も盛ん。プライベートでの友人たちとはまた違ったかかわりかたができるのが、とても嬉しいのです。

一緒に成長していく友人たちがいる。MLの他のメンバーも含め、私の宝物です。次回みんなが集うのは、10月に広島である日本交流分析協会の年次大会。ホスト県ということで、Kさんは今から大はりきりです。私もとても楽しみにしています。