岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

備前市閑谷(しずたに)へお墓参りに行った帰りに、末姉のところへ寄りました。
姉夫婦は備前市で「清風窯」という備前焼の窯元をやっています。
長男も大学を卒業後、修行して、今では父親と一緒に作陶しています。

070812_1417~02 070812_1416~02
自宅脇にある作業場兼展示室。
作品がずらりと並んでいる様子は壮観です。

070812_1412~02写真ではよくわからなくて残念ですが、見事な赤色が出ています。
形もモダンだし。
若い人には、マンションなどにも飾れるような現代的なものが好まれる傾向にあるようです。

 

 

070812_1421~01茶道で使う水指。
友人が欲しがっていたのでちょっと値段を確認しました。
高いです。
茶道では箱が大事で、この桐箱がけっこうします。
水指+桐箱で・・・う~ん、私にゃ手が出ませんな。
友人には普段使いの抹茶茶碗をプレゼントすることにしました。(笑)

 
070812_1415~01ピッチャーというのでしょうか。
この中に水を汲みおくと、備前焼の持つ遠赤外線効果で水がおいしくなります。
その水を使って、コーヒー、お茶、水割りなどを作るといいとか。
大ヒット作で、たくさん売れたそうです。

 

 

070812_1419~01面白い形でしょう。甥の作品です。
中にろうそくや電気の光源を入れると、照明器具になります。
柔らかな灯りがともります。

 

 

 
070812_1414~03去年の干支の犬。今年になっても人気があるようです。
私も犬好きの友人に右側のチワワをあげたことがあります。

 

 

 

070812_1731~01甥のお嫁さんが作ったネックレス。
かわいかったので、もらってしまった。(笑)
黒い服にとても似合います。

 

 

 

私は若い頃、備前焼にはあまり興味がありませんでした。両親とも備前の出身なのでうちにはたくさんあったのですが、色も形も地味な備前焼をあまりいいとは思いませんでした。
ところが年齢を重ねるにつれ、備前焼の重厚な味わいに惹かれるようになってきたのです。

久しぶりに姉のところへ行き、備前焼を見て、以前よりもっと興味を感じている自分に驚きました。
高価なのであまり手が出ませんが、見るくらいなら大丈夫。
せいぜい目を肥やそうと思っています。

清風窯   岡山県備前市浦伊部1021-4 TEL0869-63-4710