岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

「映画の冒険」は岡山駅西口近くの奉還町商店街にある映画グッズやキャラクターグッズのお店です。
遠く県外からのお客さんも多い、知る人ぞ知る穴場。
11月2日に開店10周年を迎えました。

103店主の吉富真一くんは私の高校時代の同級生。

長年の映画への情熱を見事に実らせてこのお店を開きました。
実は私の映画好きは吉富くんの影響が大きいのです。
クラスも部活も同じ(新聞部)だったので、教室や部室でアラン・ドロンやスティーブ・マックィーンの話に花を咲かせたものでした。

高校を卒業してからは、進学先も異なり、お互いの消息も知らないまま。
私は子育てが忙しく、映画を楽しむ余裕もありませんでした。
それが、末っ子が中学生になり子育ても仕事も落ち着いたころ、再びめらめらと映画への情熱がよみがえってきたのです。

吉富くんがお店を出したことは風の噂で聞いていたので、やはり映画好きの娘と一緒に思い切ってお邪魔しました。25年ぶりのご対面です。
お互い、顔には出さないものの心の中で相手の変貌ぶりに愕然としながらも、映画の話になると歳月を越えて話し込んでしまいました。

それ以来、月に1度は行くようになりました。行けば話が盛り上がり、なかなか帰れません。
そこで最近はもっぱらPCメールで映画情報を交換しています。

104写真はマリリン・モンローのポスター。
置き方の加減で下半分が見えませんが、「7年目の浮気」の有名なワンシーン。
地下鉄の風が道路の通風口から吹き出してドレスのすそがふわーっと舞い上がるところですね。
私の大好きなシーンです。

105写真はちょっと小さいのですが、何のシーンかおわかりでしょうか?
そう、「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックがバイクに2人乗りしている場面。卓上写真です。
これ以外にも、ポスターを初めとしてオードリー・ヘップバーンのグッズが色々あります。

106「映画の冒険」にはキャラクターものもたくさんあります。
店内に壁のようにそそり立つのはフィギュアが入った袋を吊した棚。

これが2列、表裏で4面あります。
ヒーローものから怪獣もの、名作ものまでよりどりみどりです。

107 108
アトム、仮面ライダーなどなど。
全部ご紹介できないのが、とても残念です。

「映画の冒険」へ行くようになり、吉富くんに引っ張られて高校の同窓会の幹事もやりました。
そこから交流が始まって、今では定期的にプチ同窓会を開いています。
その時は必ず「映画の冒険」ネタで盛り上がります。
そのうちに、おじさんやおばさんのサロンと化してしまうのではないかといささか心配しています。