岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

今回は5月の公開セミナーをまとめて報告することにします。

グループ15月13日の「メンタルヘルス研修」は感情のコントロールに焦点を当てた内容でした。
職場のストレス要因の1位である『人間関係』。嫌いな相手や合わない相手とも一緒に仕事をしていかなければならないのですから、ストレスが溜まるのは無理もないこと。でも、「相手を変える」ことは難しい。ならば、人間関係の中で生じる自分自身のネガティブ感情をコントロールする方がメンタルケアには有効なのではないか。そう思ったのがこのセミナーを企画したきっかけでした。それは私自身の実感でもあります。

ロープレ2実際に感情を体験できるようなワークやロールプレイをしてもらいました。
いつも思うのですが、みなさん、臨場感たっぷりで実にうまい。左の写真は、言葉を使わずにコミュニケーションをとるワークの一場面です。
自分の感情をコントロールするのが難しい時はせめて感情表現がコントロールできれば、人間関係において無用なトラブルを避けられるはずですし、それこそがストレスを軽減することにつながります。
 

 

5月30日は「言葉づかい基礎講座」でした。

DSCN3798基礎講座ですが、新入社員からベテランまで幅広い年代の参加がありました。
これまでに言葉づかいの研修を数多く行ってきて思うのは、講義を聞いてメモを取るだけでは話せるようにはならないということ。
今回は実際の場面で使えるような言葉づかいを学んでもらいたいと思いました。
3時間半という短い時間でどこまでやれるか私にとっても挑戦でしたが、ポイントを絞り、声に出して話すというワークを多く取り入れてみました。

DSCN3795テキストの読み合わせ、ペアやグループでのワーク、そして何枚ものワークシートとハードな研修になりましたが、全員真剣に取り組んでいました。
最後に1人1分で感想を述べてもらいました。もちろん「正しい言葉づかい」を使って、です。色々と勉強して頭ではわかったつもりでも、いざ話すとなるととまどってしまい、みなさん大汗でした。
「話す」時は頭で考えるだけでなく、喉や口などの体も使います。特に使い慣れていない言葉には口がついてきません。体から覚えていくことも必要なのです。

 

6月の公開セミナーはすぐに役立つ!医療・介護のクレーム対応と「電話応対研修」です。
また素敵な出会いが待っていると思うと、とてもわくわくしています。