岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

「あいの里リハビリ苑」様へメンタルヘルス講話でお邪魔した時のこと。
講話が終わって部屋を出ると、向かいの廊下の壁に利用者様の作品が飾ってありました。
どこの施設にうかがっても、絵や習字など利用者様の力作がいろいろな場所に飾られています。それらを観賞するのが私の密かなる楽しみでもあるのです。

この作品を見たときは目が点になりました!
刺繍写真ではわかりにくいですが、とても細かい針目でていねいに仕上げられた刺繍です。
ここに描かれているのは歌手の氷川きよしクン
ご存じのように、彼のファンは圧倒的に女性で、しかも年齢が高い。
このデザインがいいですねえ。中央に大きく主役のきよしクン。おばさま方に好評のステキな衣裳はとてもゴージャスな仕上げです。シャツなんて透けレースがほどこされているんですよ。
「虹色のバイヨン」とは彼の持ち歌の題名。
そして、私が一番ウケたのがきよしクンの顔です。鉛筆書きなんです!きっと、細かいのでうまく仕上げられないと作者が判断されたのでしょう。「きよしクンをきれいに描きたい」というお気持ちが伝わってきます。

かぐや姫今回、このコラムへ「きよしクンの作品の掲載をお願いしたところ、作者おすすめとして送られてきた写真がこれ。
「かぐや姫」です。
雅ですね~。
かつて、私の母や姉もこうした刺繍をしていました。特に姉が風景画を額に入れて壁に飾っていたのを覚えています。

 
 

桃太郎「桃太郎」も送っていただいたのでご紹介しますね。
これはまた、元気で可愛い桃太郎です。
作者の女性はコラムへの掲載を「光栄です」とおっしゃってくださったとか。
そうとなれば載せねばなるまい。(笑)

 

 

 

それにしても、これらの3つの作品はすべてタッチも雰囲気もテーマに合わせて変えているように思えます。
そのやる気、発想の豊かさに脱帽!です。
刺繍はじっと座って作るものですから『静』のイメージがありますが、頭の中はフル回転なんですね。
人生の先輩にはいつも驚かされたり感心させられたりします。

私自身の母が亡くなって2年。
実際に母とかかわっていた頃にはわからなかったことに、後から気付く日々です。
母の置き土産だと思って、素直に受け入れていこうと思います。