岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

7月28日29日に岡山原田芳雄映画祭が開催されます。
http://ww3.tiki.ne.jp/~yoshitomi/chirasi.pdf

昨年、惜しまれながら71歳で亡くなった原田芳雄さん。
私たちの世代にとっては松田優作さんと並んでヒーロー的存在の俳優さんでした。
若い頃は無頼派の役回りが多く特に男性の支持が大きかったようですが、年齢とともに演技の幅が広がり、本当にいい役者さんでした。
特に、コミカルな中にも人間の哀しさや寂しさを表現する演技が大好きでした。

その原田さんと岡山とのつながりを知る人はあまり多くないのではないでしょうか。
実は原田さんの奥様は岡山の方なのです。
原田さんもご家族と一緒に足繁く岡山に里帰りされ、「第二の故郷」とおっしゃっていたとか。
そのご縁で、岡山で映画に関わる人たちとの交流もあったそうです。

今回は、生前の原田さんと交流があった人たちが中心になって企画した映画祭です。
映画の上映だけでなく、原田さんのお嬢さんである麻由さんをはじめ、石橋蓮司さん、大楠道代さん、佐野史郎さんといったゆかりの方々をお招きしてトークショーも開きます。

火の魚また、当初は予定されていなかった「火の魚」(共演:尾野真千子)も上映が決まりました。

「火の魚」は室生犀星の原作をもとに、2009年にNHK広島放送局が制作したテレビドラマです。

監督の黒崎博さんは岡山出身。原田さんの奥様から映画祭の話を聞き、協力してくださることになったのだそうです。

またとない機会です。
ぜひ原田芳雄さんの魅力を味わいにいらしてくださいませ!

当日は私も娘や息子と一緒に会場でお手伝いをすることにしています。
皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

【岡山原田芳雄映画祭】
7月28日(土)・29日(日)
岡山県天神山文化プラザホール

◇お問い合わせ 岡山原田芳雄映画祭事務局 映画の冒険内 TEL086-252-7606

◇前売り券取り扱い 岡山シンフォニーホールチケットセンター,ぎんざや,
  山陽新聞サービスセンター,シネマコレクターズショップ映画の冒険,インディスク
 ※60分トークライブ付チケット           前売/2000円 当日/2200円
   30分トークライブ付または上映のみチケット 前売/1300円 当日/1500円