岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

12月の公開セミナーは「メンタルヘルス講座」でした。
2015年12月から厚生労働省によるストレスチェック制度が導入され、従業員50人以上の事業所に実施が義務づけられました。この制度は労働者のメンタル不調を未然に防ぐことを目的としたものですが、実施前から様々な問題点や課題が指摘されています。

私は、ストレスチェックで『高ストレス』と判定される前に、体と同じようにメンタルも自分自身で予防することが大切だと考えています。
そこで、今回はワークを取り入れたセルフケア(自分で守る心の健康)の講座を企画しました。

1参加者は4名で、うち男性が1名でした。
受講目的は、ストレスチェック制度の参考にしたい、自分自身のメンタルケアに役立てたい、職場のスタッフのケアに役立てたい、などなど。
私たちはストレスなしで生きていくことはできないのですから、上手に付き合っていくしかありません。そのためにはストレスをため込まず上手に逃がす方法を知っておくことが肝心です。

5ストレスの原因は人それぞれとは言うものの、共通するものも多くあります。
厚生労働省の平成24年度労働者健康状況調査では、ストレス原因のトップ3は①職場の人間関係②仕事の質③仕事の量となっています。特に①の人間関係については、女性では50%近くの人がストレスの原因だと答えています。
したがって、よいコミュニケーションがストレス軽減のポイントであり、そのためのトレーニングは重要です。

4人は誰でも考え方や感じ方の傾向、癖があり、それがその人の個性とも言えます。しかし、何事もネガティブに受け取ったり考えたりしてしまう癖(自己否定)や、他人を責めたり自分の非を認めない癖(他者否定)は、自分自身や周囲の人にストレスを与えてしまいます。
コミュニケーション上の自分自身の癖を知って、偏りが大きくならないようにコントロールすることが大切ではないでしょうか。

コラムまた、思考からだけでは人間はなかなか変われないものです。
呼吸法やストレッチなど、身体面からのアプローチで心の健康をサポートしよう!ということで、この日はタッピングタッチの『腕だけ散歩』などでリラックスしてもらいました。(私も一緒にやったために写真がないのが残念です)
人々が自らの心の健康に関心を持つのはとてもいいことですし、ストレスチェックがそのきっかけになると期待したいと思います。
 
今後も色々な形でセルフケアの研修を提案していくつもりですので、どうぞご参加くださいね。