岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

4月は新年度のスタート。今年もたくさんの新入社員のみなさんとの出会いがありました。

皮切りは弊社の新入社員セミナー(公開)。
実は、ここのところ年々参加者数が増加し、私がモットーとする「少人数できめ細かな指導」が難しくなったと感じていました。そこで、今年はリピーター様のみにご案内をさせていただいたのです。
その結果、参加者は昨年の約半数の14名。全員に目が届きますし、会場もゆったり使えて参加者のストレスも低減したのではないかと思います。

今回は初日の一番始めに挨拶に取り組みました。
とにかく「挨拶さえできればいい」「挨拶すらできない」という声をよく聞くので、初っぱなに挨拶を学び、2日間かけて折に触れ練習することにしたのです。すると、さすがは新人、素直です。「それでは休憩にします」と言うと、自発的に立ち上がって挨拶をするようになるまで、そんなに時間はかかりませんでした。

グループディスカッションも少し変えました。
以前はテーマだけ提示して後は完全に任せていたのですが、まったく話し合いができないグループが出てくるようになったので、最初に進め方のアウトラインを説明し、随時アドバイスを入れるようにしました。
すると、話し合いが活性化して結果まで繋がるように。ゼロから立ち上げるのは苦手なようです。

恒例の全員での記念撮影。
今年は人数が少ないから、写真もゆったりです。

2日間頑張った新人さんたち。
その前途に幸あれと祈らずにはいられません。

 

息つく間もなく、株式会社アール・ケア様での「新入社員接遇研修」。
こちらで新人研修を担当させていただくようになって、もう10年以上が経ちました。
月に1度、中途入社の方の接遇研修にも伺っているのですが、その時にかつて新人研修を受けてくださったスタッフさんが活躍されている姿を見ると、とても嬉しくなります。


コラムの〆は岡山中央病院様の「コミュニケーション・トレーニング」です。
新入職員を対象に、2時間で発音・発声のトレーニングを含めた“声の表現”のお話をしています。
昨年、思いつきで取り入れた(笑)minimini芝居がとても面白く、端で見ているとその人の色々な面が現れていて、とても興味深い。
        

 
今年の新人は全体的におとなしくて真面目。指示されたことには一生懸命取り組もうとします。
しかし、積極的に自分からコミュニケーションをとったり、問題解決のために行動を起こしたりという面はあまり見られませんでした。

中でも私が気にかかるのは、やはりコミュニケーションですね。
豊かなコミュニケーションは意識付けと経験から生まれます。失敗を恐れず、とにかくやってみる。
上司や先輩はことさらに失敗を上げ連ねるのではなく、失敗から何を学ぶのかを見てあげてほしいと思います。