岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

感染症予防も、産業保健の柱です。
12月に入り、岡山県でもインフルエンザ注意報が発令されました。今年はワクチン不足が懸念されていましたが、ほぼ充足されてきたようです。
日本では、インフルエンザ治療薬として4種類の薬が認可されています。おかしいな?と思ったら早く受診しましょう。(治療薬は48時間以内の服用が最大の効果があるため)
日本では医療体制が整っていますが、海外赴任や海外出張先ではこうはいきません。国家政策の1つとして治療薬が統制されていたり、供給自体がスムーズにいかない、また治療薬自体が認可されていない国もあります。
インフルエンザ以外では、日本では発生が希な感染症も海外では流行している感染症も多くあります。渡航時に必要な処置を行うことによって防ぐことができる感染症も多くあります。
海外での業務を行う際の、感染症予防も安全配慮義務の1つです。
操山労務管理事務所では労務管理はもちろんのこと、産業保健専門スタッフ(看護師・災害看護ライセンス所持)を専従させることにより、会社の安全経営・健康経営を支えます。