岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

12月の公開セミナーは「介護職のための傾聴」でした。
岡山市だけでなく、総社市や備前市からも参加があり、少人数ながら充実した内容でした。
以前の「傾聴トレーニングセミナー」に比べると、受講対象者を介護職に限定して、実際に現場で活用できるようにロールプレイを多く取り入れた研修にしました。
そのロールプレイを通じて情報交換も活発に行われていました。

SANYO DIGITAL CAMERA人の話を聴く時に一番の障害になるのは、実は自分自身です。価値観や考え方、生き方の違う相手の話を、評価も判断もせずに聴くのは本当に難しいことです。よかれと思って言ったことが、相手の気持ちを傷つけてしまうこともありますね。その点を伝えたいと思っていましたが、みなさん、よく理解してくださいました。

 

昨年、「介護職コミュニケーションスキルアップセミナー」から始まった当事務所の公開セミナーは、今月で17回を数えます。だんだんと参加してくださる方が増え、嬉しいかぎりです。

講師の仕事を始める前、私自身が研修を受けたいと思い、個人が受けられるセミナーを岡山で探したのですが、ほとんどありませんでした。お金と時間と手間を使って、大阪や広島、高知などへ行きました。
「地元で気軽に受講できるセミナーがあったらな」という思いから、操山労務管理事務所の公開セミナーは始まったのです。
時間も半日かせいぜい1日、曜日は土日と平日の2本立て。費用はぎりぎりの金額に抑えています。少しでも多くの人に、1回だけでなく何度でも参加していただきたい。そういう気持ちで開催しています。

ありがたいことに、個人や企業でリピーターが増えてきました。同じ方が何度も参加してくださったり、同じ会社から毎回違う方が参加してくださったり。そういう時は、「頑張って、もっといいものを」とエネルギーが湧いてきます。私の方が、育てていただいている面もあります。

来年も、毎月いろいろなセミナーを企画していきたいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします!