岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

3月の公開セミナーは「ビジネスマナー研修」でした。

近頃の新入社員はあいさつができない、言葉づかいがなっていない、叱ればすぐにしゅんとなるし、ほめればつけあがる……等々。会社サイドからはいろいろな声が聞こえてきます。
しかし、いわゆる“ゆとり世代”が大学に進み、または就職して社会に出てきている今、そういう新入社員たちが体現している問題は、すべて彼らのせいとばかりは言えないのではないでしょうか。

できない者を「できない」と責めるばかりでは、事態はいっこうに好転しません。できないのならできるように指導するしかないのです。
とはいえ、その指導方法が昔のままでは、今の若者には効果がありません。
そこで今回のセミナーは、新入社員を迎えるにあたって、コミュニケーションの取り方やわかりやすい命令や指示の出し方などを学んでもらおうと企画しました。

504当日は、新入社員のプログラムとほぼ同じ内容で進めました。ポイントは『反対側から見る』。
本来は、指示・命令は「受ける」、報告・連絡も相談も「する」立場の話をしますが、今回は逆です。わかりやすい指示・命令の出し方、報告や連絡を上手に受けるには、相談をされやすい雰囲気を作るために、などなど。
会社で新入社員研修を担当するからと参加された方もいらっしゃいました。みなさんとても熱心で、終了してからも次々に質問が出ました。

3月4月は年度替わりで、世間が「研修、研修」とざわめきたつからでしょうか。
既存の社員へのビジネスマナー研修の希望も多いのです。私も本当に忙しい1ヶ月を過ごしました。

4月の公開セミナーは「新入社員研修」のみです。
5月には昨年好評だった「コミュニケーションセミナー」を開催します。
またその時にお目にかかりましょう!