岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

3月上旬から始まった今年の新入社員研修の締めくくりは、2日間の公開セミナーでした。
今年は交通の便を考慮して、岡山コンベンションセンターを会場に開催しました。
岡山コンベンションセンターは岡山駅のすぐ西にあり、中央改札口と連絡通路でつながっています。

758参加者は昨年と同じ12名。販売、接客、製造など様々な業種に就職した新入社員の方たちです。
年齢も高校卒の18歳から大学院卒者まで開きがありました。
事務所主催の新入社員研修は、“少人数できめ細かく”をモットーにしています。
1人1人のお名前を呼んで、語りかけながら進めていけるメリットがあります。

759まず最初に「社会人として大切なこと」をグループで話し合って発表してもらいました。みんな一生懸命考えてホワイトボードに書き出してくれました。
『責任』『自己管理』『言葉づかい』『マナー』などの項目が共通して出ました。なぜそれが大切か?という理由もきっちり説明してもらいます。
自分たちで考えたことですから、「今後もずっと意識して仕事をしていくように」と話しました。

760電話応対は『会社の顔』です。
2人組になって、練習をした後でみんなの前でロールプレイをしてもらいました。
「ゆっくりはっきり名乗る」ということを心がけながら熱心に取り組みました。

 

761新入社員研修でいつも人気がある名刺交換。
もうすでに会社で名刺を作ってもらっている人たちがいて、その人たちは自前の名刺でチャレンジ!
体で覚えられるように、何度も何度もくり返し練習しました。
だんだん早く上手に交換できるようになりました。

 

 

今回の研修で印象深かったのは、我が家の末っ子と幼稚園から中学まで同級生だった人が参加していたこと。(笑)
昨年は長男が、今年は長女が就職し、『新入社員』という言葉を特に身近に感じていましたが、ついに二男の年代も社会に巣立つかと思うと、感無量。
彼らの未来に幸あれと祈るとともに、そのために私自身ができることをしなければ、と強く思いました。

頑張れ!日本中の新入社員!
いつまでも応援しているからね。