岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

11月の公開セミナーは「あいさつブラッシュアップ講座」。
あいさつにポイントを絞ってのセミナーでした。

873はじめに、アイスブレイクを兼ねて「3タイプのこんにちは」というワークをしてもらいました。
「笑顔でこんにちはと言う」「言われた時だけ黙って頭を下げる」「無視する」という指示カードに従って行動するものです。
ゲームとわかっていても、無視されると気分がよくないので雰囲気が暗くなります。

874コミュニケーションの講義と笑顔のトレーニングの後、お辞儀の練習をしました。
全体練習の後、グループに分かれてまた練習です。
気持ちを込めて、相手に“快”を感じてもらえるようなあいさつを心がけてもらいました。
元気で熱心な方が多く、ノリノリで参加されていました。

875グループを替えて、ひたすら練習を重ねます。
あいさつもコミュニケーションの一部です。
首が曲がる人、背中が丸い人、笑顔が出ない人など、その人の持つクセが出ます。
きれいなあいさつを身体化するためには、ひたすら練習あるのみ。

 
平日の午後の3時間という限られた時間でしたが、みなさん満足してくださったようでした。
帰りに「楽しかった」「勉強になりました」「頑張ります」と声をかけてくださった方がたくさんいらっしゃって、握手まで求められたのがとても嬉しかったです。

コミュニケーションにおいては、どれだけ相手の気持ちに配慮できるかが大切なポイント。
あいさつ自体は定型的なものですが、そこにどれだけメッセージをこめられるかが勝負なのです。

セミナーに参加してくださったみなさんの輝くような笑顔が、いつも周りの人々を照らしますように。