岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

報告や連絡、会議、面談、営業など、いろいろな場面で「もっと上手にまとまった話ができたら」と感じていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
そこで、今月は「話のまとめ方講座」を開催しました。

いままでにも話し方の講座は何度か開き、好評をいただいています。
しかし、1日かけて発音や発声から学ぶのは忙しい方にはなかなか難しいことです。
そこで今回は、参加していただきやすいように午後の3時間でポイントを絞った講座にしました。

879さまざまな分野からほぼ定員いっぱいの参加があり、狭い会場は一杯に。みなさん、仕事の場で活用したいという意欲にあふれていました。3時間でどこまでできるのか、正直なところ私にとっても挑戦でした。しかし、最近は短い時間でも役に立つ研修を提供していきたいと考え、取り組んでいるところです。ぜひ、みなさんに納得していただこうとはりきって準備していました。

880短時間とはいえ、「まとめて話す」研修である以上、実際にトレーニングしなければ意味がありません。そこで思い切って講義は最小限に止め、ワークシートやロールプレイに時間を割くことにしました。
講義 → ワークシート → ロールプレイのくり返しです。
初めは緊張気味でいささかぎこちなかった人も、ロールプレイが進むにつれてなめらかに話せるようになっていきました。

研修アンケートには

 「たいへん役に立ちました」
 「グループワークが参考になりました」
 「人に伝えることの難しさを改めて感じた。また勉強に来ます」
 「ワンポイントがわかりやすかった」
 「楽しくできるところが大事だと思います」
 「人前で話すことはトレーニングで上達すると言われていたので実践したい」

など、ポジティブなご意見をたくさんいただきました。
私の方こそ「やってよかった!」と実感でき、嬉しく思いました。

話の上手、下手は聞き手が決める。
このことを忘れずにお互いに頑張っていきましょう。