岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

11月25日に岡山経済研究所で「患者満足のための接遇と医療コミュニケーション」が開催されました。講師は筒井典子さん(人・みらい研究所代表)。高知県を中心に活躍され、たいへん高い評価を受けている方です。
私と筒井さんは話しことばや交流分析の勉強を通じて知り合い、親交を深めてきました。私にとって筒井さんは尊敬すべき先輩であり共に学ぶ仲間でもあります。

1008当日は県の内外から、たくさんの医療関係者がセミナーに参加しました。
医事課や受付の担当者が多かったように思います。
もちろん私も一受講生として参加しました。
だって、思いっきり筒井さんの講義を味わいたかったのですもの。(笑)

 

1009終始笑顔で穏やかな雰囲気の筒井さん。さすがです。
セミナーは緊張感を保ちつつ和やかに進んでいきました。

 

 

1010タイミングよくはさまれるロールプレイ。
どれも短いものですがよく練られていて効果的でした。
こういったところにもベテランの筒井さんの“技”が光りますね。

 

 

資料、解説、板書、時間配分と、どれをとっても申し分のない完璧なセミナーで、おおいに勉強かつ刺激になりました。

そもそも私がこの道に入った時、一番はじめに先輩としてアドバイスをもらったのが筒井さんでした。それ以来、折に触れ今でも相談にのってもらっています。
そういう意味でも、参加できてよかったと思います。

普段は高知と岡山に離れているので、なかなか筒井さんのセミナーを受講する機会がありません。今回は岡山経済研究所の中野さんのご尽力で岡山でのセミナー開催が実現しました。

筒井さん、助手の中村さん、そして中野さん、お疲れさま。
そして、ありがとうございました。