岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

今日で8月も終わり。
暑かったり涼しかったり季節がはっきりしませんが、それでも9月になると“秋”が近づいた感じがします。

最近、どうも「やらなくちゃ」に追われているような気がしています。
「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と思いつつ、結局できなくて欲求不満に陥る、という悪循環。

読書がいい例です。
書店で面白そうな本を見かけると「読みたい!」と衝動的に購入してしまうのですが、どんどん積み重なっていくうちに「読まなきゃ」とノルマ化してしまい、ストレスに変わっていくのです。

そこで、紙に「今やりたいこと」「今しなければならないこと」の2項目に分けて書き出してみました。

「今やりたいこと」
 ・交流分析入門講座を開く
 ・カラーの勉強をする
 ・アサーティブの応用講座に参加する

「今やらなければならないこと」
 ・仕事の資料づくり
 ・交流分析の本を読む
 ・敬語の勉強
 ・早寝早起き

んんー、待てよ。
『交流分析の本を読む』『敬語の勉強』って、「やりたいこと」の方でもいいんじゃない?
『早寝早起き』も、「そうしたいなあ」と思っているわけだから同じよね。

なあんだ、「やらなきゃいけないこと」って、つまりは自分が「やりたいこと」なんだ。
「ねば」とか「べき」とか思うから、プレッシャーになるんですよね。
自分がやろうとしていることって、結局は自分がそうしようと決めたことなんだから「やりたいこと」のはず。
そう思ったら、毎日やりたいことばかりやってるわけだ。
えらく気分がハイになってきました。(笑)

以前、このコラムでもご紹介した浅間玲子さん。
彼女も言っていました。
「ボランティアで何か頼まれると、できないことでも受けちゃうのよね。
それでもって、何とかやろうと思うとやれちゃうの。
100%の力でできないことでも、120%の力ならできるじゃない?
1人では無理でも、みんなの力を合わせればできることってあるじゃない?」

『言うは易く行うは難し』です。
難しいことでも簡単にやってのけているように見える彼女の心の中は、「できる!やる!」で満ちているんですねえ。

626浅間さんからいただいた色紙です。
著書「われ様のどんぐり」の中のさし絵に、彼女のことばが添えられています。

今日 出会う人が 
        大切な人
そう信じて
       朝を迎える