岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

NPO法人日本交流分析協会の年次大会があり、土日と広島へ行っていました。
明橋大二先生、新里里春先生の講演を始め、分科会やストロークパーティなど、充実した時間を過ごすことができました。で…ここまではお勉強タイム。

大会終了後、広島在住のKさんが私たち(おなじみ交流分析メンバー)を宮島に案内してくれることになっていたのです。実は私はそれまで広島に行ったことがありませんでした。ですから、初宮島です。
TVでしか見たことがない世界遺産をこの目で見ることができるのです。
胸をわくわくさせて、さあ、宮島へ!

宮島嬉しくなるほどいいお天気で、気温は高いのですがさわやかな風が吹いていました。船着き場はものすごい人でごった返していました。(海沿いより船着き場を臨む)

 

 
宮島さあ、ついにあの有名な大鳥居です。おお、本当に海の中に立っているぞ。
それにしても、あんなに大きなものが地中に埋まっているのではなく、ただ立っているだけだとは。先人の知恵と努力に脱帽です。

 

 
宮島偶然、花嫁行列に遭遇しました。人力車に乗った花嫁さんが、大きな口を開けて快活に笑っていたのが、今風でとても印象的でした。

 

 

宮島なんと、干潮時とて、鳥居の近くまで潮が引いています。
緑色に見えているのは草ではなく海草です。

 

 

宮島 宮島
木々の緑に朱塗りの社殿が映えて美しい。

能舞台 能舞台
野村萬斎さんが来て演じたという能舞台。

宮島帰る頃にはもうすっかり日が傾いていました。
潮が引き、大鳥居のあたりまで砂が顔を出しています。
大勢の人たちが歩いていました。

 

 
毎年200万人以上が訪れる厳島神社。
いにしえには、島全体が神の住まわれるところとして崇拝されていました。
その荘厳さ、住まう人々の敬虔さは
いくら観光客が押しかけようとも決して消えることなく
今も島に息づいているように感じました。

また何度でも訪れてみたい。
厳島はそんな気持ちになるところでした。