岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

梅雨に入りました。
今年の梅雨は毎日しとしと雨が降りませんね。ざっと降ったらしばらくお休み・・・という感じで、比較的過ごしやすいように思います。
庭の花木は葉を繁らせ、日に日に緑が濃くなっています。花壇もにぎやかになってきました。

クチナシの花今年もクチナシの花が咲き始めました。やさしい上品な香りのこの花が私は大好きです。子どもの頃、香りの強い花が好きな私のために、母は庭に様々な花木を植えてくれました。
くちなし、沈丁花、金木犀、銀木犀・・・。
夫も我が家の庭に金木犀や沈丁花を植えてくれています。

 
グリーンカーテンさて、今年は暑さ対策にグリーンカーテンに挑戦しています。
北東の角にある私たち夫婦の寝室。ひさしが短く、地面をコンクリートでおおっているので、午後からは陽がかげるのに夜もずっと暑い。
去年の夏は寝苦しくてまいりました。
そこで、これ!ゴーヤーです。(右端にはキュウリもあります)
今年は省エネ対策でグリーンカーテンが大人気らしいですね。誰でも考えることは同じだなあ。

キュウリキュウリの方が成長が早く、すでに少しずつ実がつくようになっています。キュウリやミニトマトは息子のリクエスト。自分で苗を買ってきて、私たちと一緒に植え付けました。あまりこまめに世話をしているとは言えませんが、収穫期だけはきっちりチェックしている様子。このキュウリも「トゲが生えてる!」と目をまんまるにしていました。
そういえば最近スーパーで売っているものにはトゲがありませんね。

ミニトマト赤く色づきはじめたミニトマト。
トマトは色づく前の実も翡翠のようできれいです。
実は昨年もミニトマトを育てたのですが、茎や葉ばかりが繁ってなかなか実が成りませんでした。赤くなっても皮が固く、あまり甘くもなくて、失敗。
友人が「水と肥料のやりすぎじゃない?」とアドバイスしてくれました。確かに、ざぶざぶやってましたっけ。

実の成るものは、あまり世話を焼きすぎない方がいいのだそうです。
植物にとって実は子孫を残すために必要なものです。水や肥料が不足気味の時は、まず実に栄養がいくようにします。ところがたっぷりある場合は「ま、いっかあ~」とばかりに、茎や葉が取り込んでしまうらしい。(笑)
だから今は少々葉がしおれていても、「がまん、がまん」と水やりをひかえています。

なんだか、子育てにも通じる話ですね。
日々植物と向き合っていると、様々な気づきがあります。

これから本格的な夏に向けて、庭がどのような姿を見せてくれるかとても楽しみです。