岡山の社会保険労務士です。ストレスチェック実施の外注、就業規則等社内規程の作成業務委託、労務管理、社会保険の手続、給与計算の外部委託、記帳代行、経理のアウトソーシング事業者、新入社員研修、ビジネスマナー・コミュニケーション・メンタルヘルスなどの研修・セミナー・講演を実施しています。

介護労働安定センター岡山支部様から委嘱を受けて、県内の介護施設で行うメンタルヘルス研修が5月からスタートしています。
昨年度は割り当ての時間を消化しても更にご依頼が続き、本部に追加申請して対応しました。今年度もすでにリピーター様からのご依頼で次々に予定が埋まっています。本当にありがたいことです。

 
メンタルヘルスとは『心の健康』のこと。私たちが心と捉えているのは脳の働きによるものですから、の健康=の健康とも言えます。
「心で心を変えることほど難しいものはない」と本で読んだことがあり、本当にその通りだと思います。体を動かして脳にポジティブな反応を起こすことは、誰でも意識さえすればできます。職場のみんなで楽しく体を動かしながら学ぶメンタルヘルス研修を心がけています。

さらに今年はシナプソロジーを取り入れています。
シナプソロジーとは、「2つのことを同時に行う」「左右で違う動きをする」といった普段慣れない動きで脳に適度な刺激を与え、活性化を図るものです。
複数人で楽しく行うことで感情や情動に関係した脳も活性化され、認知機能や運動機能の向上と共に、不安感の低下も期待できます。
(シナプソロジー普及会HPより)

加古川までシナプソロジーの講座を受けに行ったのですが、とても楽しくて「これ!これ!」と感動しました。

本も買って勉強し、教えるというより“一緒に楽しむ”というスタンスでやっています。もしかしたら、私が一番楽しんでいるかも。(笑)
 
 
シナプソロジーは、認知症予防にも効果が期待されると介護現場での導入も進んでいることから、みなさん興味津々で楽しく参加してくださいます。
最初はいささか緊張気味だった人たちが、研修が進むにつれてリラックスしてきて、最後には笑顔がはじける。それを見ていると「ああ、私はこの笑顔のために仕事をしているんだなあ」と実感します。

 
これからもどんどん新しいことを吸収して、みなさんの笑顔の花を咲かせるために活かしていきたいと思っています。