基本のビジネスマナー研修【2月】

2015/02/28

2月の公開セミナーは「基本のビジネスマナー研修」でした。
毎年、新入社員を迎える前のこの時期に開催しています。
指導者として身に付けておきたい基本的なビジネスマナーを学んでいただくセミナーです。

全体今回は8名の参加がありました。
例年に比べると平均年齢がぐっと若返っているようでしたが、皆さん新人研修に携わるという方ばかり。
中には昨年新卒で入社したという方もいらっしゃいました。
新入社員と年の近い若手が教育係として面倒をみるのは意思疎通がスムーズにできていいのでしょう。
 
礼1礼2ビジネスマナーといえば、まずは挨拶から。
相手の心に届くような挨拶をするには、学習+意識+トレーニングが大切です。
ペアで、グループでと練習を繰り返しました。
 
 
 
カードこれは敬語のワークの一場面です。
トランプの「神経衰弱」のように裏返したカードを引いて、そこに書かれた言葉を敬語になおしていきます。
普段何気なく使っている言葉でも、一つずつ取り上げて考えてみると案外難しい。しかし、人に教えるには感覚だけでなく、頭でも理解しておく必要があります。
 
名刺交換2名刺交換3そして名刺交換。
マナー研修のたびに「見よう見まねでやっているから不安」という営業職や「自分の名刺を持っていないので扱いに自信がない」という方に人気の項目です。
この日は皆さんとてもお上手でした。

 
新人にマナー指導をする場合、一番効果的なのは“やってみせる”こと。
『学ぶ』という言葉は『まねる→まねぶ→まなぶ』と変化したと言われています。
まずは真似をすることが大切なのですが、そのためにはいいお手本が必要ですね。
今回のセミナーに参加してくださった方々はきっと素敵なお手本になられることでしょう!

Copyright© 岡山の社労士 | 操山労務管理事務所 , 2020 All Rights Reserved.