接遇リーダー養成研修

介護施設での接遇リーダー育成

11月から岡山市北区の特別養護老人ホーム旭水荘様で接遇リーダー養成研修を行っています。
旭水荘様とは10年近いお付き合いがあり、毎年4月に接遇研修に伺っています。しかし、年に一回の研修だけでは細かいところにまで手が届かないと感じていて、以前からリーダー研修のご提案をさせていただいていました。今回、その研修が実現したのです。

旭水荘クローバーズ認定講座

研修のタイトルは旭水荘クローバーズ認定講座としました。研修の度に「笑顔・挨拶・言葉遣い・態度の四ツ葉のクローバーを胸に咲かせて人と接しましょう!」と話し続けてきたことが由来です。各部署から管理職の方が9名参加されました。
講座を休まず、積極的に参加し、レポートを提出すると旭水荘クローバーズに認定され、接遇リーダーとしてスタッフの指導や内部研修の企画・実施などを行っていくことになります。

組織内スタンダードの確立

接遇マナーと言っても、その示すところは実に広範囲です。特に介護の現場では、頭ごなしに一般的なマナーを押し付けてもうまくいきません。「何を、どこまで」やるか、組織内での共通認識を明確にすることが大切だと私は考えています。今回の講座でも、このスタンダードの確立を大きな柱に据えました。スタッフが受け入れやすい、またリーダーが指導しやすい、現実的なマナーの詳細を話し合って決めていってもらうのです。

つながる研修を目指して

講座が終了したら、半年後にフォローアップ研修を行う予定です。できればこの認定講座を継続していき、いずれは内部でリーダー研修ができる人材が育っていけばいいと思っています。

Copyright© 岡山の社労士 | 操山労務管理事務所 , 2020 All Rights Reserved.