遠い春のあしおと

2011/01/21

昨冬は空き家で荒れ果てていた我が家の庭も、今年は色々と手を入れていることもあり、冬の風情といったところです。
それにしても先週は寒かったですねえ!
勝手口に置いていたビオラが鉢の土ごと凍りついてしまい、あわや枯れるところでした。
今は南側の暖かい場所で養生しています。(笑)
葉はすっかり枯れ落ちてしまっていますが、庭のあちこちで木々が芽吹き始めています。

椿のつぼみ椿のつぼみです。
1~2輪花が咲いていたのですが、先週の寒さですっかりへばってしまったようです。
でも、枝という枝につぼみがびっしり!なので、そのうち次々とさくことでしょう。

 
梅のつぼみ梅のつぼみです。
このしだれ梅は1.5mほどの可愛らしい低木です。
垂れた枝の先まで精一杯花を咲かせてくれます。

 

 

さくらんぼこれはさくらんぼ。
桜と同じ花が咲いて、さくらんぼの実がなります。去年は熟す間もなく鳥たちに食べられてしまい、人間の口に入ったのはまだ黄色い実が1つだけでした。(笑)
息子の勉強机からその様子がよく見えたらしく、ずいぶん悔しがっていました。「今年はネットをかける」とか。

利休梅(リキュウバイ)のつぼみ利休梅(リキュウバイ)のつぼみです。
ここに越してくるまで知らない花でした。
白く上品な花が咲きます。
夫も私も大好きな花です。

 
 

ムスカリの芽秋にたくさんの球根を植えました。
このコラムを読んだ友人から「中谷さんのガーデニングは土ばっかり」とかわかわれた鉢にも、芽がいっぱい出ています。スノードロップ、チューリップ、クロッカスやフリージアの寄せ植えなど。ちょこんと頭を出した芽がだんだん伸びていく様子は愛しいものですね。あきらめていた庭植えのムスカリの芽を見つけたときはバンザイ!でした。

1023春の花が咲くまでは、ビオラなどの鉢花が頑張ってくれています。
直接霜があたらないように、お日様の光はしっかりあたるように、毎日気をつけています。

 

 

室内ではシクラメンやカクタスを育てています。
一番大きなデンマークカクタスが咲いたら、さぞゴージャスなことでしょう。咲いたらまたこのコラムでご紹介しますね。

まだ春のあしおとは聞こえてきませんが、確実に近づいてきている。そんな気がする今日このごろです。

Copyright© 岡山の社労士 | 操山労務管理事務所 , 2020 All Rights Reserved.